カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 白い学習机, 学習机白,子ども家具,子ども部屋家具,学習机のリリージョン

入荷遅延の経緯とご連絡について



【入荷遅延商品についてのご連絡】


本来7月~8月に入荷予定であった商品の入荷が大遅延となっております。


◆遅延商品一覧



納品をお急ぎの皆さまには大変ご心配おかけいたしますが、
以下へ詳細について時系列で記載いたしますので、今後の見通しについてご確認くださいますようお願い致します。






【海上輸送について】



当店の生産拠点は中国となり、中国から日本へ貨物船を利用し輸送されてまいります。

2020年の新型コロナウィルス発生から、世界中の港がシャットダウンされ出航不可となった影響で海上運搬便のブッキング(予約)が受付されていても、2か月以上出航されないという不安定な状況がございました。


世界の輸出入における歴史上、海上運輸会社や税関関係者も誰も経験したことのない不測の事態となり、当店でも多くのお客様にご迷惑とご心配をおかけすることとなりました。



一部、中国発送のアメリカ便については本ルートでなく陸送で港を迂回させ運搬させる話も耳にしましたが、日本では大陸と陸続きでない限り物理的に不可能な状況でした。

なんとか輸送したものの今度は陸海共にコンテナ(商品を積載するボックス)を戻す便をつかめず、世界的なコンテナ不足による海上・陸送輸送費の高騰が2022年現在もなお続いています。


昨年度2021年は新型コロナウイルスの懸念が弱まり緩和され、通常運行に戻りつつありましたが、今度はロシア・ウクライナ情勢による原材料不足を脱却した各企業が一気に生産を起こし完了させたことから、通常の年間海上輸送ブッキングをはるかに超えて膨れ上がっております。


2020年のように出航事態がシャットダウンになってはおりませんが貨物(商品を積んだコンテナ)に対して貨物船が不足し、港へ停滞され2020年のような状況がぶり返されています。



【原材料・生産状況について】



木製品の原材料はロシアやウクライナ産であることも多く、原材料が手に入りにくいというレベルに収まらず全く手に入らなくなった事態も耳にしますが、ロシアと友好的な中国では手に入りやすいため生産自体の遅れはさほど見受けられず、当店としては通常通りご予約受付とさせていただきましたが、繰り返される遅延の現状に販売方法の在り方を見直す時期にきていると考えております。




【今後の見通し】





現在、各関係業者と情報交換を行いながら出航の連絡を待っている状況にございます。一報が入りましたら迅速に手続きを進めてまいりますので、お待たせしております皆さまにはもう暫くの間お待ちくださいますようお願い申し上げます。

お届けにつきましては、先行ご予約いただいたお客様から順次発送となりますので、本日よりご注文いただいお客様へのお届けは

◆10/20(木)以降

となりますので、ご了承くださいますようお願い致します。


今後世界情勢を見ながら調整してまいりますが、こうした状況が続く以上来年2023年度からはご予約受付について見直しを行う予定です。

詳細につきましては順次ご案内させていただきたく存じます。




販売責任者  山本 今日子





・・・


資源が少なく輸入に頼ることの多い日本ですが、
誰かが思い切って海外物資をひっぱってくることは日本の新しい成長戦略となり、個々が渡航せずとも新しい衣・食・住文化や物資を簡単に手に入れることができるだけでなく、心の豊かさも手に入れることができます。

多くの関門をくぐり抜け海外と調整しながら皆さまのお手元へお届けできた時の当店の喜びもひとしおです。




貿易を通し世界を知り物・心・教育共に豊かになる道が開けると考えますが、世界がからむと米中貿易摩擦や政治・戦争の影響をたちまち受けやすくなります。

海外では戦争が始まれば瞬く間に海上が封鎖され、家具を作る多くの工員達が兵役に駆り出され、その家族、子ども達は不安に苦しむことでしょう。


紛争や摩擦が起こる原因の一つに「資源をめぐる争い」がありますが、紛争を起こすのは大人達で、最も被害を受けるのは子ども達です。


貿易を通して遠く離れた日本の子ども達にも「入荷遅延」という形で影響を与える紛争ですが、ウクライナとロシアの紛争は今にはじまったことではなく、世界の子ども達の間では日常的に当たり前の話題となっています。平安なくして教育が成り立つとは考えにくいです。


少し話がそれますが、2015年に勃発した時のウクライナ・ロシア紛争時、世界の子ども達がどんな気持ちでいたのか、当時高校生だった筆者の娘がボーディングスクールで経験したロシア人生徒とウクライナ人生徒に対するイギリス人生徒の紛争の見方について、それを先生がどう諭されたか。

当時傍観することしかできず、思想も宗教ももたない日本人生徒の経験から世界平和を願い英語スピーチしたことを思い出しましたのでYouTubeへUP致しました。ご視聴いただけると幸いです。


「One Big Family」

https://www.youtube.com/watch?v=YCINBMY9OqU

















コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ